東京都港区で虫歯治療

ご予約・お問い合わせはこちら

03-5770-8461

  • 診療時間
  • 10:00~19:00(月火水金)
    10:00~17:00(土日)
  • 休診日
  • 木・祝

web予約

メール相談

メディア掲載

虫歯治療

「痛みを少なく」「歯の健康寿命をのばす」「自然でキレイな仕上がり」

あおばデンタルクリニックでは患者さまの虫歯治療に対する
苦手意識を取り除くことから始まります。

ご相談ください。あなたの理想の虫歯治療

虫歯治療には「痛い」「歯を削る」「神経をぬく」など、つらいイメージが定着しています。また治療後も詰め物の銀歯が目立つなど、見た目の問題を気にする方も少なくありません。あおばデンタルクリニックでは、このような患者さまの不安や痛みの負担を可能な限り抑え、患者さまの希望に寄り添う丁寧な治療をおこないます。また保険治療の範囲でも、可能な限り銀歯ではなく白い詰め物やかぶせ物を使用することで見た目もキレイに仕上げるよう、心がけています。
痛みの少ない治療

虫歯治療すべてが苦手な患者さまに

医療技術の向上とともに、痛みをともなう虫歯治療は過去のものになりつつあります。当院では丁寧な治療段階を踏むことで、可能な限り「痛みが少ない虫歯治療」を心がけています。

痛みの少ない治療

虫歯治療治療ステップ
1

麻酔注射の前に「塗る麻酔」

  • 多くの患者さまが苦手とする麻酔注射の痛み。あおばデンタルクリニックでは麻酔注射の前処置として注射部位に塗る麻酔(表面麻酔薬)をしっかりと効かせることにより、注射時の痛みを抑えます。この処置を省いてしまう、また十分な時間をかけずに麻酔注射をおこなうと「虫歯治療=始まりから終わりまで痛い」原因となってしまいます。
  • 麻酔注射の前に「塗る麻酔」
2

極細針での「麻酔注射」

  • 蚊に刺されても痛みを感じないように、注射針は細ければ細いほど痛みは少ないといえます。当院では極細の針(33G)での麻酔注射を使用し、痛みを最小限まで抑えた治療をおこなっています。
  • 極細針での「麻酔注射」
3

丁寧に「麻酔注入」

  • 急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。そのため、ゆっくりと時間をかけ丁寧に麻酔液を注入していくことが大切です。当院では痛みが苦手な患者さまのため、様々な「痛みの少ない治療法」をおこなっています。「注射がこわい」「痛みが苦手」「治療すべてが不安」など歯科治療に抵抗がある方は、ぜひ一度ご相談ください。
  • 丁寧に「麻酔注入」
可能な限り歯を削らない治療

意図的に歯を削る量を最小限に抑えることで、歯の寿命を引きのばすことができます。

人間の歯は一度削ってしまうと元に戻ることは二度とありません。そして残念なことに、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。そのため当院では、可能な限り「削らない」ことを理念とし専用の設備を整え、さらなる治療技術の向上へと取り組んでいます。

可能な限り歯を削らない治療

取り組み①「高倍率拡大鏡」による視野拡大

歯を削る量を最小限に抑えるためにもっとも重要なことは、治療部位をしっかり確認することです。歯の治療は非常に繊細な技術が必要とされ、マイクロメートル単位での治療精度が求められます。そのため当院では肉眼での治療ではなく、「高倍率拡大鏡」を利用し常に、視野を拡大させた状態で治療をおこないます。

  • 肉眼での視野画像
  • 肉眼での視野画像
  • 高倍率拡大鏡での視野画像
  • 高倍率拡大鏡での視野画像
「肉眼」と「高倍率拡大鏡」の視野を比較した画像です。
どちらがより精度の高い治療をおこなえるかは一目瞭然といえます。

取り組み②う蝕検知液/スプーンエキスカベーターの使用

う蝕検知液/スプーンエキスカベーターの使用

う蝕検知液とは、虫歯部分のみを赤く染める薬剤です。虫歯治療をおこなう上でもっとも重要なことは、虫歯に感染した部位を完全に除去することです。通常の治療では虫歯により柔らかくなった部位を削っていきますが、この治療法では感染部位を確実に、そして精確に除去することはできません。

しかし、う蝕探知液を使うことで感染した部位が赤く染まり、どこまで虫歯を削ればよいのかが分かるため、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

さらに当院では「スプーンエキスカベーター」という器具を使用した治療をおこなっています。通常の治療で使用されるドリルと異なり、医師の手に伝わる感触から丁寧に虫歯の状態を確認し、歯を削る量を抑え神経を守る治療法です。

虫歯に侵された部位は「軟化象牙質」と呼ばれ、医師の手の力のみで除去することも可能なほど歯が軟らかくなっています。しかし通常の治療では限られた時間の中で一気にドリルで削り、患部を除去することも少なくありません。ドリルのみを使用する治療は、そのパワーで健康な歯までも削ってしまう、また深い虫歯の場合は神経が露出する危険性が高い治療法といえます。

う蝕検知液/スプーンエキスカベーターの使用2

そのため当院ではドリルでの治療とともに、神経に近い深い虫歯の部位は「スプーンエキスカベーター」を使用し、丁寧に虫歯を取り除く治療法をおこなっています。このため通常の治療と比べ、やや時間がかかりますが「健康な歯を可能な限り残し、歯の寿命をのばす」あおばデンタルクリニックの掲げる理念とご理解ください。

神経を抜かない治療

通常の治療では神経を抜くケースでも、当院では可能な限り歯の神経を残す治療をおこなっています。深く進行し、神経まで届いてしまった虫歯治療は多くの場合、歯の神経を抜くことになります。さらに神経を抜いた歯は枯れ木のように弱く割れるリスクがあり、寿命が短くなるため「抜歯」の可能性が高くなるといえるでしょう。しかし医療技術の進歩にともない、重症化した虫歯や虫歯により露出した神経を覆い、殺菌・歯を再生させる薬剤「MTAセメント」が開発されました。MTAセメントによる歯髄保存療法は神経を残し、歯の寿命を引き延ばせる治療法です。
※MTAセメントを使用した歯髄保存療法は自費治療になりますので、ご相談ください。

神経を抜かない治療

取り組み③コンポジットレジン治療/白い素材で治療は1回で終了

最近ではコンポジットレジンを使用した治療法を選択される患者さまが多くなりました。一般的に虫歯治療の際に使用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思います。当院では銀歯を用いることもありますが、白い素材のコンポジットレジンもご提案しております。その理由は下記になります。

虫歯治療の際に使用する詰め物や被せ物、「銀歯」。たとえ奥歯でも意外と目立ってしまうことから、最近では白い素材のコンポジットレジンを使用した治療法を選択する患者さまも少なくありません。歯の状態によっては従来の銀歯での詰め物や被せ物を使用しますが、「コンポジットレジン」は銀歯より歯を削る量を抑えることが可能です。また白い素材のため銀歯のように目立ってしまうことがなく、虫歯の治療跡が自然でキレイな仕上がりとなります。コンポジットレジンは型取りの必要がなく、その場で詰め物・被せ物を形成することができます。そのため「最短1回」で治療が終了することがコンポジットレジンの大きな特長といえるでしょう。

  • コンポジットレジン治療1
  • Before
  • コンポジットレジン治療2
  • After
  • コンポジットレジン治療3
  • Before
  • コンポジットレジン治療4
  • After

詰め物・被せ物の種類―ご希望に合わせて様々な種類をご用意

虫歯治療後の詰め物や被せ物として使用する「銀歯」は保険適用のため治療費用を抑えることが可能です。しかしこの銀歯には見た目以外にも耐久性や金属アレルギーなど、さまざまなデメリットがあるため当院では保険適用外(自費治療)の素材での治療も多くおこなっています。

保険適用での治療では難しい審美性や耐久性、アレルギーリスクの低い素材など、お口の状態や通院期間などのご希望にあわせ、患者さまにもっとも適切な素材や治療法をご提案します。詳しくは審美セラミック治療または料金表をご覧ください。

詰め物・被せ物1

詰め物・被せ物2

詰め物・被せ物3

初診「個別」相談へのご案内

初診「個別」相談へのご案内

初診「個別」相談へのご案内、メール

当院では患者さまのお口の悩みや疑問・様々な不安などにお答えする「個別相談」を受け付けています。どんな些細なことでも私たちに、ぜひご相談ください。(下記よりお問い合わせください)
電話での問い合わせ

TEL 03-5770-8461

医院の住所

〒106-0032
東京都港区六本木7-15-10 A7ビル4F

Accessアクセス

東京メトロ日比谷線・六本木駅の2番出口を出てすぐのコインパーキングの右隣のビルの4階です。

ご予約・お問い合わせはこちら

03-5770-8461

診療時間:10:00~19:00(月火水金)/10:00~17:00(土日)

休診日:木・祝

住所:東京都港区六本木7-15-10 A7ビル4F

最寄駅:東京メトロ日比谷線 六本木駅2番出口

WEB予約始めました

当院が初めての方は、歯のマニキュア・ホワイトコートのWeb予約のみとさせていただきます

予約

ご予約が可能なメニュー

「受付・助手・歯科衛生士」の求人

求人情報